新米母ちゃんのボヤキ

2021/02/26
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

こんにちは。

広島県江田島のみんなで暮らす家「かぞく家」のあいこ(@kazokuya_aico)です。

今日はわたしと息子の病院巡りに呉市内まで。

どこもいっぱい待って診察して…

ふー…疲れた。

息子氏といると待つ時間もハードルが色々。

飽きて大きな声を出したりブーッと唇ぶるわせたり。

お菓子で落ち着かせたりするけど

また大きな声でアーアー言っちゃう。

そしたらそばに座ってたおっさんに「チッ」と舌打ちされちゃった。

子供を産んで初めて拒絶というか、迷惑だと表明されてしまった。

待ってる間5回くらい舌打ちされて

赤ちゃん連れてきたの申し訳ないやらで

精神崩壊しかけたけど、

このおっさんも昔はこの子くらい可愛くてアーアー言うてたんやろな…

まあうちの子よりかわいいってことはないけど。

と思うことでなんとか心を保った。

普段、島にいるとどこに行っても

おばあちゃん達が

「かわいいねえ」

「子は宝じゃねえ」

などと事あるごとに話しかけてくる。

煩わしい時もあるし、

余計なお世話なこともあるけれど、

今日はそういうおばあちゃんたちが恋しかった。

待合室にいた誰か1人でも

「かわいいねえ」とか

「何歳?」とか

話しかけてくれていたらなあ、

せめて、微笑みかけてでもくれたなら、

そうしたら、わたしココにいてもいいんだって、思えて、

居やすくなれたなあって。

ちょっとアーアー言っちゃっても

味方が居てくれてるって思えただろうなあ。

最後、わたしの診察をする時に看護師さんが

息子氏を抱っこしてくれて

可愛い!って言ってくれて

ホッとしたー!

写真はごはん食べて、すぴすぴの息子。

はあ、かわいい。

癒されるー。

この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

Copyright© かぞく家 , 2021 All Rights Reserved.