DIYキロク 3/27,28,29

2021/04/02
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

こんにちは。

広島県江田島の在留外国人とみんなで暮らす家「かぞく家」のあいこ(@kazokuya_aico)です。

さて、実は次の週に迫った引っ越し。

そして初めての下宿人の入居。

なかなかやばいタイムスケジュールの救世主といえば、

毎度おなじみお世話になりまくりのあかりん様!

しかも、なんとこの日が誕生日だったあかりん。美谷ファームのケーキを食べてもらったよ♡

もはや彼女なくしてかぞく家はない。笑

わたしたち夫婦はあかりんの方向には足を向けて寝ることはもう出来ない、、、

そんな彼女、今回もやってくれてます。

ものすんごいことを。

江田島ではおなじみとなった、

市大芸術学部のりっきーと一緒に。

うちのふすまを好きにペイントしてーという

無茶にも思えるざっくりしたお願いを楽しんでくれて

めっちゃかわいいふすま絵を書いてくれたのです!!!

あかりんは、あかりんの中の瀬戸内をイメージして。

途中実は左右逆に描いていたハプニングも乗り越えて

春らしい桜とともにめっちゃかわいく仕上げてくれました。

りっきーは、紫陽花をイメージして。

かぞく家の裏の紫陽花が切った枝からも芽吹くさまが

あまりに力強いっていう話しをしていたら

その紫陽花ちゃんを書いてくれてうれしい。

ふたりのふすま絵も見に来てほしいポイントとなりました〇

ひかりの感じがとてもすてきに!

そしてわたしの両親も廿日市から応援に。

父は謎にたくさん持っているDIYの道具とともに登場し、

サンダーでゴミを切ったり

掘りごたつに蓋を作ったり

キッチンカウンターを一緒に作ったり

謎の機械で風呂を磨いたり

とにかく地味な作業をひたすら黙々とやってくれました。

掘りごたつ部分にぴーったりの蓋。これで息子がココに落ちることが無くなった!

母は息子担当。

途中ふたりでお昼寝してたのがかわいかった。

母が息子を見ていてくれたおかげでわたしも父の作業に参加したり、

網戸をつけたり、掃除したり、色々できたー!

夫は仕事が忙しくてなかなか参加できない中でも

超掃除がんばってくれています。

下宿に来てくれる子に気持ちよくお部屋使ってほしいもんで。

ぴかぴかになってうれしい!

ついに明後日からひっこし。

そしてその次の日月で開業になります。

ひゃー。

この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

Copyright© かぞく家 , 2021 All Rights Reserved.