かぞくが増えました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

こんにちは。

広島県江田島の在留外国人とみんなで暮らす家「かぞく家」のあいこ(@kazokuya_aico)です。

4月の頭に、引っ越しをして約1ヵ月。

引っ越しをしてきて、

この家に暮らし始めるのと同時に

かぞくがひとり、増えました。

そう、かぞく家の一番はじめの下宿人です。

息子はお兄ちゃんができてなんだか嬉しそうに毎日あうあうと話しかけています。

お兄ちゃんは、この春からうちの近くの高校に通うために

我が家に下宿をすることとなりました。

(日本人です。東南アジアからの在留外国人をサポートしたいと始めた家ですが、日本人を拒むわけではありません^^)

いえびらきの時など

自分の部屋にこもっていてもいいし、

居たい時だけみんなのところにいればいいからね、と

話していたのですが、

高校生ながらにしっかりと来た人たち皆さんににあいさつをしてくれて

お話しも楽しんでくれて

お料理のお手伝いまで!

がんばってくれました。

高校生になって、

はじめて家族と離れて暮らして、

暮らした先が、かぞく家で、今日まで1ヵ月。

いろいろ、

来客が多かったり

赤ちゃんがいたり(たまたま幼い妹がいるので、その辺はとても助けてもらってます)

疲れることも

戸惑うこともあるだろうな、とは思いますが

彼なりにマイペースに暮らしてくれているので、

かぞく家の母として

見守りつつ

サポートしつつやっています。

暮らすうえで

これまでの生活習慣の違いや

初めての家事に(家事は分担制です)四苦八苦しているので

その辺りは

歩み寄ったり

出来る限り教えたり

そうして生活を営んでいきたいと思います。

なんにしても、

はじめての下宿の子。

かぞく家として、スタートしているのだな、と日々感じています。

もう少しかぞくが増えて

次はアジアの子で

それぞれこの場所にいる子たちにとって

(もちろんわたしにとっても)

いい刺激を与えあえる場所になるといいな、と

そういう考えになってきました。

江田島の、かぞく家に下宿してみませんか。

お部屋、空いています。

この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

Copyright© かぞく家 , 2021 All Rights Reserved.