わたしが普段、「いのうえ」でいる理由【旧姓?改姓?わたしの名前って??】

2019/02/07
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

こんにちは。いのうえあいこ(@aicoinoue)です。

何度かお話ししていることではありますが、

わたしが普段、「いのうえ あいこ」と名乗っている理由を今日はしっかりお話ししたいと思います。

なんで苗字を変えないといけないの?

わたしは、2019年3月9日に入籍しました。

 

わたしは、2人姉妹の次女に生まれ、

姉は既に嫁にいっていたことから(もちろんここでも妹のわたしには明かされない話し合いが行われたようです)、

「井上家」で長男だった父の「井上」を継ぎたい、という気持ちがかなり強くありました。

 

長男の次女で女姉妹しかいなかったことから、

わたしが大好きなお父さんの名前を継げたら一番いいな、出来ればなーと、

だって、ずっとこの名前で生きてきたのに、

どうしてこの名前を変えなきゃいけないの??

って。

未だにこの文字を書くのも涙が出るくらい。

 

な?

ぜ?

 

という気持ちが強かったです。

 

井上のままでいたい、と、ずっと思っていましたし、

女姉妹でごめんね、苗字を継げなくて、本当にごめんね、という気持ちも少なからず、ありました。

わたしが男の子だったら、なにも困ることはなかったのにね、という。

 

しかし、結婚する相手のタメさん。

こちらは長男の長男。

爲政家的に言うと、めっちゃ純然たるイチバンの血筋。

 

タメさんから、「井上」の苗字になることはご家族にお話ししていただきましたが、

結果的には、

マアもちろん無理だよね!、

という。

 

なかなか当たり前と思われる結論に至りました。

もちろん、「爲政」になるのが当たり前だよね。という。

本名は「爲政 愛子」と言います

この話をタメさんとかなーーーーっり何度も行いました。

とても向き合ってもらったのだと思います。

直接はお話しできませんでしたが、タメさんのご両親ともきちんと話し合ってもらいました。

そこには、わたしたちではどうにもならない

いろんなことが待ち受けていました。

 

最終的に、今、わたしは、本名で言いますと、

 

「爲政(ためまさ) 愛子(あいこ)」

 

という名前になりました。

 

もちろん、最初はめちゃくちゃ嫌でした。

「爲政」になるのが嫌かっていうと、全くそうではなく。

「井上」でいられないなら、他のどの苗字だって全部嫌だ。そういう気持ちでした。

なにになろうが、

「井上」でないなら、

全部、本当に、違和感がある。という気持ち。

 

この気持ちを何度もタメさんにぶつけ、

本当に何度も向き合ってもらいました。

 

普段は、「いのうえ あいこ」と名乗ります

旧姓使用届の範囲内

あまりにわたしが、この苗字が変わる、という部分に違和感があり

それなら籍を入れないという選択肢もあるのではないか、

そう話し合った時もありました。

 

でも、わたしの夫はそれは望んではいませんでしたし、

わたしもそれを望んでいたわけではありませんでした。

籍を入れることが、結婚するということだよね、という。

 

そこで出てきた折衷案が、

戸籍上の名前は「爲政 愛子」だけど

普段使う名前は「井上 愛子」のままでいる、ということでした。

 

この人と、結婚したい。

その気持ちが、

「井上」という名前でいることよりも強かったのです。

 

だって、

 

彼のことが、大好きだったから。

 

https://twitter.com/aicoinoue/status/1005250226763059200

 

そこで、わたしは、通名は、旧姓のまま

「いのうえ あいこ」

として生きていくことを選択しました。

本名は別に持とうと。

 

たーくさん話し合った中で

通名:いのうえ あいこ

として生きていく、ということを、夫からOKいただけたのです。

 

きちんと、眼を合わせて、そう決めてくれたのです。

 

そうしたいなら、そのままでいいよって。

 

当時は、公務員だったので、結婚したのちに、

「旧姓使用届」を出せば、旧姓のまま生きていけたんですよね。

だから、それをやれば、旧姓:井上のまま行けるなって。

旧姓を使うよって宣言しとかないと難しいところに来ちゃった

でも、辞めちゃったんですよね、市役所。

 

そうなると、

なんで井上なの?って。

 

夫婦を知ってくれてる人たちからするとさらに。

爲政じゃないの?って。

どうしても思わせてしまうんです。

 

んーーー

 

じゃあやっぱりちゃんと言っとかないとなーーーー

って

 

夫婦仲が良くないわけじゃないし、

なんなら、全然めちゃくちゃ大好きなんですけどね、

タメさんのこと、めちゃくちゃ好きだからこそ、

でも、

それと

これとは別だよね!

っていう!!

大好きなひとと生きていくからこそ、

ちゃんと言っときたいなって、

思ったもんで

今日はそういう記事してみました!

 

 

わたしは、

これまでも、

これからも、

いのうえあいこ、という名前の人間です。

どうぞ、宜しくお願いします。

 

ついでに言うと、

「いのうえさん」や「あいこさん」

よりは

「あいこちゃん」」

と呼ばれると喜ぶ人間です。

 

よろしくお願いしますね♡

ウマクなんて生きれないそれが誇り

では、最後に。

これまでわたしが幾度となく悩んだ時や

タメさんと、分かり合えるのかなって

かなり悩んだ時でも

ずっと変わらずそばにいてくれた音楽で締めくくります。

 

smile again ありがとう

smile again 泣きながら

生まれてきた

ぼくたちは

たぶん

ピンチに強い

 

というわけで、どんなピンチも乗り越えていけるなっていうお話しでした。

当分このシリーズが続きそうです。

ありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

Copyright© かぞく家 , 2019 All Rights Reserved.