【しなやかフェス2018秋-SNSを楽しむ人のための待ち合わせ場所-】農家の想いに触れて感動!

2019/01/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

みなさんこんにちは。あいこです。

もうずいぶんと前の話になりますが、
10月8日に「しなやかフェス2018秋」というフェスに参加してきました。
あまりに感動し、楽しくて、猛烈にワクワクしたので、
時間はたっていますが、ブログに残しておこうと思います。

しやなかフェス2018秋 とは?

農家の 農家による 農家とそれ以外の人のためのフェスです。

え?農家?

そう、農家です。

もう少し詳しく言うと、

三重県四日市市のきゅうり農家「しなやん」が作ったきゅうりを食べて、

「おいしーーーーーい(*^^*)」

ってみんなで言うためのフェスです。

それでも、ん??きゅうり??って感じだと思うので、

詳しくは、以下のふたりのブログを読んでみてください。熱いです。最高です。

【主催のしなやんのブログ】

【わいざんさんのブログ】

しなやかファームという農場が好きすぎて、ど素人が収穫祭の代表にチャレンジする話。〜しなやかフェス2018秋〜

【開催決定】#しなやかフェス2018秋 申込概要|2018年10月8日(月・祝)四日市にて開催

そこで出会ったおいしいもの、すてきなものと、その作り手の想い

さて、このフェスの始まりは、しなやかきゅうりの収穫のお手伝いからです。

そこでは、ただひたすらにきゅうりを収穫する参戦者たちの姿が。

 

https://twitter.com/aicoinoue/status/1049066274171510784

 

全国津々浦々からいろんな人たちが来ているんです。

不思議すぎる光景が広がっていました。

 

その後、舞台はきゅうり畑から、フェス会場へと移り、

きゅうりを食べたり、他にも、数えきれないくらいの美味しいものを食べたり、

アクセサリーを作ったり、マッサージを受けたり。

でもこのフェスの素敵なところは、

その全てのコンテンツについて、前々からSNSを通して、作られる過程や、想い、作り手のお人柄を知っているので、

実際に食べたり、身につけたりするときの感動がすごいところなんです。

実際には初めて会う人ばかりだけれど

(数えてみたら、参加者180人のうち、実際に会ったことがある人はたったの12人だった笑)、

SNSでずーっと心の入った発信を拝見したり、実際にやりとりしたり、毎日を共有しているので、

初めてお会いするとは思えないほど、会った瞬間の喜びがすごいしすぐ打ち解けちゃう。

そして作り手さんの想いを知っているので、食べるものひとつひとつが涙が出るくらい感動的。

美味しさもアップ!

しなやかきゅうりをかぷり。実はキュウリが苦手なわたしですが、これは美味しく食べれたー!!なぜー!! 写真真ん中は、かふぇたかののあずささん、右は当日ずっと一緒にいてくれた、「しなやかフェスマスター」のエミリー♡

 

タムタムの太陽米に、なっきさんのいくら、かっぱの健卵、プルプル食堂のそぼろ、、、、全部美味しすぎる、、、

 

めめたん♡(写真真ん中)はハイボールを一杯500円で提供してくれました!

 

真顔マチャイコさん(写真真ん中)。笑。美味しすぎるチャイなのに真顔にならないといけないという無茶ぶり笑

 

ココ純さん(写真右側)の世界一おいしいレアチーズケーキ。最高だった。なくなる前にゲットに走った!!笑

 

亜人夢さんのオーバープロン。これは、将来夫とお店をする時には絶対買おうと決めた。今は買えないけど、待っていろよ、かっこ可愛くて機能的なオーバープロンちゃん!亜人夢さんと一緒に撮ればよかったな。

 

DJわいざんのステージにも上がったー!!こんなに全参加型のDJ他に知らない。楽しすぎて、汗だくで踊りました(*^^*)

みんなでお揃いで買った、あきちゃん(写真真ん中)のアキセサリー♡あきちゃんとは、広島繋がりだけれど、アキセサリーを買ったのは実はしなフェスが初めて。とってもかわいくてセンス溢れる品々に迷ったー!!!

 

写真には取り忘れているけれど、その他にもたくさんの想いのこもったコンテンツがいっぱい。

 

農家ファッションショーという熱すぎるショー

あまりに多く、最高すぎるコンテンツの中、

数日たった今でも、最高すぎたなあ、、、とわたしが繰り返し思い出す光景、、、

それが、「農家ファッションショー」の光景です!!

農家ファッションショーなんてそもそも聞いたことないし、

無農薬や地産地消には興味はあったのですが、

その先にいる作り手さん(ここでは農家さん)のことまで考えたことはほとんどありませんでした。

ただ、このファッションショーでは、

農家さんが普段農業に従事しているとき、身につけるこだわりのファッションだけでなく、

身にまとっている信念や農業に対する想いを、ファッションショーとして観客に伝える、というものでした。

これが本当に最高すぎたんです。

直後にもこんなツイートをするくらい。

さて、その「農家ファッションショー」に出ていたのはこんな方々。

旅するトマト農家、茜さん。生のトマトが苦手なのにトマト農家。農家なのに美白。農家なのに旅しまくり!最高!!

アスパラ&もうすぐ椎茸農家の瑞雲ファームのなおみさん。ファンキーな恰好が素敵で、かわいい息子さんと一緒に楽しんでいた姿が素敵だったなー。

なす&小松菜農家のナスケンさん。おヒゲがとってもチャーミング♡小松菜のナムルみたいなやつが美味しかったー♪そしてコマケンマンやナスケン君などのキャラクターデザインもされていて、マルチプレイヤーが素敵!

 

イベント主催のしなやかファーム、きゅうり農家のしなやんさん。お百姓さんの概念が「百の姓(=顔)をもつ職」というのが印象的。そのとおり、農家の域を超えた活動がすごい。エアギターがかっこよすぎた。

 

太陽米のタムタム。太陽米踊り(?)で登場。これがもう、かっこよすぎて。本当に、タムタムの農業に対する熱い気持ちがこもっためっちゃカッコいい踊りだった。タムタム自身が太陽のような人で、本当に情熱的な素敵農家さん。

 

この5人の農家が、集まって、農業に対する概念をぶち破ってくれた。

農家って、めっちゃクールで、可愛くて、かっこよくて、お洒落で、情熱的で、クリエイティブで、、、

最高やーん!!!!

ほんと、最高やーーーーーーーんヾ(≧▽≦)ノ

と、めちゃくちゃ感動して。

気づいたら、ぽろぽろと涙が溢れて止まりませんでした。

感動するってこういうことなのね、と。

SNSでたくさんの想いを受け取っていた、と思っていたけれど、

生で見るとビシビシと想いの波動が伝わってきた。

 

でも、SNSでそれを発信してくれていたからこそ、

この場にわたしが来て、みなさんの想いをもっと知りたい!生で会いたい!って思わせてくれた。

 

本当にみなさん、最高の作り手さんたち。最高。

 

SNS × face to faceで会うということの相乗効果

今回、しなやかフェスに参加して、

SNSで知り合って、これまでにたくさんやりとりをしていた方々と実際に会ってみて、

SNSで、血の通った、本気のやりとりをすることの面白さと、

そういった方たちと実際に会うということの相乗効果がいかに素敵か、ってことでした。

事前にも、主催のしなやんさんは、こう言っています。

そう、しなやかフェスは、「SNSを楽しむ人のための待ち合わせ場所」だと。

わたしは、参加するまでも、もちろんそれを理解しているつもりでしたが、

参加したことで改めてそれを感じることとなりました。

参加後は、やはり日常に戻り、

これまでどおり、広島での普段通りの日々を過ごしているのですが、

SNS上では、参加者さんとSNSでこれまでよりも親しくなった気持ちでやりとりが出来ているし、

顔と名前が一致できた方々も増え、

本当にうれしく、

なんだかあの時間を共有していたことで、同志のような気持ちになっている。

 

しなやかフェスに参加して、

身をもってSNS×リアルでの出会いの相乗効果を学ぶことができました。

 

参加して本当に良かった。

広島から、わざわざ三重県の四日市まで、よく分からないフェスに行くなんて、

しかもSNSでしか知らないような人たちのところに飛び込んでいくなんて、

ちょっとアホかな、とかなり迷っていましたが、

アホで良かった。

本当に良かった。

大好きなひとたちが、

応援したいひとたちが、

増えました。

開催してくださった、しなやん、わいざんさんをはじめとする主催者のみなさん、

いろんなコンテンツの出展者のみんさん、

そして全力で一緒に楽しんでくれた参加者のみなさん、

本当にありがとうございました。

 

また、お会いしましょう!!!

あまりに素敵なフェスすぎて、文章が追い付かず、

とりとめのない文章になってしまいましたが、

本日伝えたかったことは以上になります。

お読みいただき、ありがとうございました。

(あまりに想いが強すぎて、ブログを書くのにも何日もかかってしまいました、笑)

この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

Copyright© かぞく家 , 2018 All Rights Reserved.