【カンボジア】人とのつながりで、プノンペンの人たちに「ハネムーン」らしいことをしていただきました。

2019/06/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

広島市西区にある、ゲストハウス縁で働いているタメ(@tame_en)です。

今回ぼくたちがカンボジアに行くに先立ち、広島の知人に、その人のカンボジア人の友人を紹介してもらっていました。

初日にプノンペンに到着した時間が深夜0時頃だったので、そのカンボジア人の知人はわざわざぼくらを迎えに来てくれました!

しかも、この3日後にはぼくたちのためにカンボジア人のみなさんによるパーティーが企画されているのです!

彼と3日後に集まる時間を約束し、今回の旅が始まっていったのです。

ぼくの「きっかけ」の人物に再会!

まずは、ぼくが初めてカンボジアに来た時に色々とローカルな場所に連れて行ってくれた2名がいます。

ひとりはウィスナー。

カンポットという、首都プノンペンから車で3時間半くらい離れたところが彼の故郷で、帰省するときにぼくも一緒に連れて行ってくれました。

つまり、彼の実家にプチホームステイをさせてもらったのですが、未だにこのときの経験に勝るものはありません

それだけ当時のぼくにとっては驚きの連続、刺激的すぎる時間でした。

この時の経験のおかげで、カンボジアには本当にたくさんの知らないことがあるんだと分かることができました。

今はアメリカに移住したとのことなので、カンボジアに来たところで彼には会えない。

もうひとりは、シーリターという男の子です。

彼にもいろいろなところに連れて行ってもらいました。

触れておかなければならないのが、ぼくがカンボジアを訪れた2回目のとき。

そのときにぼくは彼に2年ぶりくらいに連絡をして、「今またプノンペンに来ちゃったんだけど、会える?」と言ったところ、時間を作って実際に会ってくれました。

かなり驚いただろう、2年ぶりの突然訪問。覚えていてくれてよかった。

そしてそして、今回カンボジアに来るにあたり、再度彼に連絡を取ってみました。

また久々の連絡でした。

そこでもなんと、前回同様忙しいにも関わらず時間を作って会いに来てくれました。

忙しいって、彼は朝から夕方までフルタイムで働き、夜は2時間ほど大学に通っているというのです!

全く、ぼくもそんな彼を見習わなければ(^^;

 

今回は妻も一緒なので、3人で飲むことに。

彼おすすめの、フランス系のレストランに連れて行ってもらいました。

バナナフラワーのサラダ。バナナがまだ実になる前のときのものだそう。美味!

まずはぼくが結婚した話、それから彼が日系のIT会社で働いているというので、仕事の様子などを話しました。

その他、ぼくたちがこの次の日に行く予定だった「ひろしまハウス」のことについて話しました。

訪れた際の妻のブログはこちらから。

カンボジアの貧困層は、就学に必要な金銭を支払うことができなければ教育を受ける機会が現状失われてしまうことになっています。

ひろしまハウスはそんな、学校教育を受けられない子どもたちのための「さいごの教育の場」という位置づけです。

ぼくや妻の興味は、きちんと教育を受けることができたカンボジア人の層が、同国の貧困層(=ここでは、教育をまともに受けられない層という意味で使っています)に対してどう感じているのか、というところです。

そんな施設があることを彼は知らなかったとのことで、とても驚いていたと同時に、そのような取り組みをしていることに対して「教育を受けるチャンスを与えていてとてもすごいことだと思う」と言ってくれました。

同時に、同国内で生活をしていても、そういった寺小屋的な施設のことは一般には広く知られていないということでした。

次は日本で会おう、何でもおごるよ!!笑

彼の話では、同年代(90年代中頃生まれ)は、ほとんどが文字の読み書きができると言っていました!

しばらく識字率の低さが問題視されていましたが、現在は全くいないわけではないけど昔ほどではないということでした。

また、プノンペンのストリートチルドレンが4年前に比べて減っていると感じたことを伝えると、やはり以前に比べるとそういった「最貧困層」と言われるような人たちは減ってきているそうです。

路上生活を送っていた人たちがどこにいったのかは分からないのですが、、、

 

あとは、「Made in Japan」のカンボジア人からの信頼度の高さや、道路、下水道などが整備されたのは日本技術のおかげということを言っていて、新日家率はかなり高いとのことでした。

これは素直に嬉しいですよね。

そういったこともあり、日本に来てくれた際には「やっぱり日本はすごかった!」と思ってもらいたいですし、もっと言うと「思っていたよりも更にずっといい国だった」と感動してもらえるよう、これから日本に来る人たちと接したいと強く思いました。

ラグジュアリーなプノンペン生活

冒頭の、迎えに来てくれた彼とその友人グループが行ってくれたパーティーについてです。

一体どんな会が行われるのか、全く想像が付かないまま当日を迎えました。

案内されたのは、確か23階建てくらいのタワーマンション的なところ。

今まで日本でもこんなところに入った経験がなかったので、面喰いました(^^;

パーティーということで、豪華に彩られた「ウェルカムテーブル」!

広島へ留学経験がある子たちが次々と集まってくれ、このパーティーのおかげで色々なご縁をいただくことができました。

日本語がとても流暢な方がひとりいて、まずはその彼とずっと話をしていました。

現在の仕事はというと、何と日本への「送り出し機関」で働き始めたところということ!

ぼくたちがある意味最も出会いたかった仕事をしている方といきなり出会うことができたのです!!

まだその仕事に就いたばかりだったにも関わらず、責任あるポジションを任されているようで、少々お疲れのようにも見えました(^^;

彼に、日本にあったらいいなと思うシステムや場所はどんなものがある?と質問すると、少し考えた後にこう答えました。

「困ったときや分からないことがあったとき、悩んだときに拠り所となれるような人・場所があればいい」と。

まさに、ぼくたちが目指しているところでした!!

今すぐに連携して、とは言えませんが、帰国後すぐに四の五の言わずに実現に向けて動きたい!と強く思った瞬間でもありました。

平日にも関わらずこんなにもたくさんの方が集まってくれた。共通するのは「広島」

その後は、タワーマンションの中を案内してくれました。

よく話を聞いてみると、ぼくたちを送迎しパーティーを取り仕切ってくれた彼は、このビルの管理者とのことでした。

恐るべし、カンボジアの超ラグジュアリーな生活!!!

ビルの中間には、住人専用のプールが、、、!

ほぼ最上階から眺めたプノンペン。 まさかこんな眺めからの街を見られるとは。

 

会の後半にはハネムーンということで、ぼくたちに特別メニューを振舞ってくれました!

タイのドラマで出て有名になったスイーツで、オレンジに見えますがこれはゴールドということでめでたい・幸せを意味するということ、そしてそれを新婚であるぼくたちが出席者のみんなに配ることで、幸せのお裾分けになる、という一連の流れがあるとのことでした。

ハッピーをお裾分けー!

みなさんにお裾分け。

これは、卵黄とあんこの一種をもとにして作られたものだそうで、とても甘ーくてとても美味かったです!

カンボジアの人たちも、こういった特別なときしか食べられないよーと教えてくれ、改めて素敵なもてなしをしてくれたみんなに感謝をしました。

ビル所有なんて、、、すごすぎる。 必ずまた帰ってきたい。

 

それぞれ、愛すべきカンボジア人たちにとてもとても思い出に残る時間を作ってもらいました。

今度はぼくたちが、カンボジア人たちが日本に来た際には自分たちらしいもてなしをし、そして感動してもらえるような時間を一緒に過ごしたいと思います^^

この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

Copyright© かぞく家 , 2019 All Rights Reserved.