【広島ゲストハウス縁】地元の食材・地酒を楽しめる宿で働いています

2019/01/14
 
この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

広島市西区にある、ゲストハウス縁で働いているタメ(@tame_en)です。

広島に住んでいる人もそうでない人にも、ぼくが好きな広島の飲食店をご紹介できればと思っています。

中でもぼくが住んでいる横川は面白いお店がたくさん!

そのため「横川のおすすめ」を充実させていきたいのですが、まずは自分の職場をおすすめさせていただきます。笑

広島ゲストハウス縁|公式サイト

呑んで食べて泊まれる

2017年4月に飲食、同年6月に宿泊部分がオープンした、まだまだこれからのお店です。

宿泊施設でありながら、1階は飲食店になっているため、地元のお客さんもたくさん来られます。

ゲストハウス縁のエントランス。横川駅から徒歩約5分です。

初めて飲みに来られる方によく言われることは、

「外国人のための場所かと思った」

「泊まりの人のためだけと思ってた」

「え?2階は宿なん?!」

うちのことを知っている方にとってはよくメディアにも取り上げられているというイメージを持たれることがあるのですが、実際にお客さんと接しているとまだまだうちのことを知らない方、そもそもゲストハウス自体を知らない方もたくさんいらっしゃいます。

実際、呑んですぐ上で寝られるって、めっちゃ楽だと思いませんか?

お好み焼きだけじゃない「食」

ぼくたちは、広島県内にはお好み焼きだけじゃなく他にも魅力的な食材がたくさんあることを知ってほしい、気軽に試してほしい、という思いがあります。

牡蠣の酒蒸し

全国生産量日本一である広島の牡蠣は、お好み焼きに続く有名な食ということで認識していただけているかもしれません。

うちで使用している牡蠣は、健牡蠣という新ブランドのものを使用しています。

地御前という宮島の近くで獲れたものを瞬間冷凍という特殊技術で保存しているため、年中新鮮な牡蠣をいただけます!

使用する前は、冷凍ということで小さい牡蠣なのではないかと危惧していましたが、ぷりっぷりの綺麗な身だったため、ぼくたちは自信を持って提供することができています。

海の幸は大人気!

現在は酒蒸しのみなのですが、贅沢に天ぷらにしてみるのもよさそうです。

季節に左右されない牡蠣ということで、これから使用する飲食店が増えてくると思われます。

世羅町のジビエ

広島市内から車でおよそ1時間半、広島県のほぼ中央に位置しているのが「世羅町」です。

そこで獲れたものを、現地の業者さんから仕入れさせてもらっています。

そもそもジビエとは、、、

狩猟で得た天然の野生鳥獣の食肉を意味する言葉(フランス語)で、ヨーロッパでは貴族の伝統料理として古くから発展してきた食文化です。

現在、日本では野生鳥獣が増えすぎてしまい、農作物を食べたり田畑を荒らしたり、スギ、ヒノキやブナなどの樹皮や高山植物を食害するなど、農林業や自然環境にとって大きな問題になっています。

シカ肉やイノシシ肉は、本来美味しいお肉です。一般社団法人日本ジビエ振興協会では、狩猟や有害捕獲されたシカやイノシシを野山に廃棄することなく、食肉として有効活用を図り、地域及び大都市圏の飲食店でのジビエ料理の提供、加工品開発と販売、環境保全に関わる取り組みなどを通じて、鳥獣被害対策や地域活性化に貢献できる取り組みを行っています。

日本ジビエ振興協会HP

ぼくは正直ここで働くまでは、ジビエに馴染みがありませんでしたが、クセがなく普段食べている肉と遜色なく美味しいです。

今ではお客さんに説明をしたり、イベントごとではイノシシのフランクを提供することもあります。

まだ知らない方も多いので驚かれることもありますが、味は間違い無いので、ぜひ試していただきたい逸品です。

鹿肉の燻製。宮島の鹿じゃないよ、と言うのが鉄板。

イノシシフランクはジューシーでビールに合う!

湯来町の子持ちこんにゃく

こんにゃくも立派な一品になります!

こちらのこんにゃくは、広島市の湯来町という市内から車で約1時間くらいの、一山超えたところにある町です。

そこの特産品は、「こんにゃく」です!

フジトシ食品|子持ちこんにゃく

ただのこんにゃくではなく、中にししゃもの卵が入っていてプチプチとした食感を楽しめます。

ぼくたちが提供しているのは天ぷらとお刺身です。

ここでしか食べられないかも。

生でも火を入れても美味しくいただけるのですが、個人的には天ぷらが特におすすめ。

火を入れると中のお出汁の風味が増すので、お酒のアテにも最適です。

スーパーで販売しているので、広島のお土産としておすすめすることもあります。

家庭で食べるとなると、お刺身でもいいし、焼くのもまた美味しくいただけます。

No.1は鶏の唐揚げ

広島市内から1時間ちょいかけて北上すると、安芸高田市というところに着きます。

ここはサンフレッチェ広島の練習場があることで有名なのですが、鶏肉も有名です。

仕入れさせてもらっているのは地元の企業「サイコー物産」さんなのですが、そこでうちのオーナーのご両親も働かれています。

鮮度のいい上質な鶏肉をお客様へ!」というキーワードのもと、いつも美味しい鶏肉を提供してくださっています。

プリッとした食感と、特大を意識してひとつの大きさが拳くらいあるんじゃないか、という食べ応え十分の逸品です。

ぜひ召し上がってください。

一度食べるとやみつきになる唐揚げ!

酒どころ・広島の地酒も

酒都・西条がある広島だからこそ様々な銘柄の日本酒を飲み比べられることも、うちの魅力のひとつです。

そこで少しだけ地酒をご紹介します。

 

まずは「亀齢(きれい)辛口純米八拾」です。

亀齢酒造さんという、西条で造られているお酒。

純米酒でありながらもコストパフォーマンスが非常によく、人気の一品です。

辛口なのですが後味がちょっと風味を感じられるような、ぼくはそんな印象です。

 

もうひとつが「華鳩(はなはと)純米吟醸 中取り 別注品」です。

呉市音戸というところにある榎酒造さんのブランドで、地元の大和屋酒舗さんの別注品。

広島以外ではなかなか手に入らないものだと思います。

こちらは甘さを感じさせる香りと、名前の通り「華やか」な旨味を口の中で味わえる逸品。

すべて広島県内の酒蔵さんのものをご用意。

お待ちしております。

宿泊の方はもちろんのこと、飲食だけでも全然気軽にご利用いただけます。

おひとりであればうちの特徴でもあるW型カウンターに座れば雰囲気に馴染めますし、またテーブル席があり禁煙なので、お子様がいても遠慮なく来られると思います。

W型カウンターで毎日たくさんの「ご縁」が生まれている。

もちろん海外の方と話がしてみたい!という方にもいいかもしれません。

海外の方と気軽に話せる場って以外とそう多くはないですからね。

もちろんぼくもお待ちしておりますので、お気軽にどうぞ!

〈広島ゲストハウス縁〉(Google Map

住所:広島市西区横川2丁目10−1

(最寄りのJR横川駅から徒歩3分くらいです)

営業時間:18:00~22:00(L.O. 21:30)

定休日:毎週火曜・水曜日

座席数:35席

 

この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

Copyright© かぞく家 , 2018 All Rights Reserved.