応援の仕方、もっと研ぎ澄ましていきたい!【しなやかフェス2019春というフェスを知ってほしい!】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

こんにちは。あいこ(@aicoinoue)です。

さきほど、晩御飯のビーフシチューを作りながら、猛烈に感じたことがあったので、

衝動的な感じですが、ブログにしたためます。

おみそしるラジオを聞きながら思ったこと

普段、家事の最中にはラジオや嵐のDVDを流しながらやることが多いわたし。

最近のお気に入りは「おみそしるラジオ」です。

 

おみそしるラジオは、しなやん  @shinayan_way  なすけん @maruhonasu すみへい @sumihei の三人がメインパーソナリティーとして

三重県四日市市から届けてくれる、

ホッとしてHOTする!Podcast番組です(*^^*)

 

今日は、この番組の第11回「しなやかフェス特番」を聴いていました。

この回は熱い回すぎて、ものすごく長いので、2回以上に分けて聞くのもアリ〇

 

しなやんという、あっつーいきゅうり農家が「しなやかフェス」を作るまでのお話し、

ナスケンという、これまたあっつーいナス&小松菜農家が、それに共鳴し、

すみへいという、隠れたあっつーい会社員が、初回から粛々と受付に愛情を注ぎ、

そして

わいざんという、冷静なあつうーいアフロDJが、代表になりフェスを救い、

茜さんという可愛くて旅するトマト農家と新しい挑戦をする今回にかける想い

 

などなど、盛りだくさん過ぎる話を聞いていて

感じたのです。

生産者と消費者の壁を壊す、ということの意味とわたしに出来ること

2019年4月13日に開催される「しなやかフェス2019春」。

Twitterでもにぎわっているので、

知っている方も多いかもしれません。

イトーちゃんのこのブログに、しなやんのこの言葉。

知ってる人同士だからそう思うんじゃない?って思うでしょ?

…でも…

内輪のイベントじゃないんです。

わたしだって初参加の前回はドキドキしてました。

でも、ウェルカムがすごいの。

みんなで美味しいもの食べて、美味しいねって笑いあって、

最高の音楽とめっちゃ分かりやすい踊りで、間違えたー!とか気にせず楽しめる雰囲気なの。

すごいの。

本当にね、すごいフェスなのです。

しなやんの言う、「生産者と消費者の壁を壊す農業フェス」!!!

まさにココにあり!!!っていう感じです。

 

公式サイトもオープンし、しなフェスまでの日程をみんなで楽しめる仕組みが盛りだくさん!

つながりの農業フェス|しなやかフェス公式サイト

 

そしてね、

わたしは、思いました。

しなやんが「生産者と消費者の壁を壊す農業フェス」

茜さんがいる「高知」で開催したい!!!

って言うから、応援したいんだよなって。

 

だってこんなに素敵な想いを伝えてくれる農家さん、他にいる?!?!

 

 

顔も名前も知らない、きゅうりやトマトを作っているひとのフェスじゃなくて、

 

顔が見え、

想いを綴り、

SNSで、時に講演などで、Podcastで、

生産していることそこにかける想いを発信し続けている

しなやん、茜さんを始めとする

大好きな農家さんが作っているフェスだから、

行きたいって思うし、応援したいんだよなあって。

 

当たり前かもしれないんですが、

発信し続けてくれて、

わたしたちに受信させてくれる。受信したいって思わせてくれる。

 

それだけじゃなく、

わたしのことも受信してくれている。

 

そんな方々だから、

その方が作っている野菜たちがいとおしく感じるし、

食べる前からどう考えても美味しいに違いないし、

逢いに行ってみたいって思わせてくれるんです。

 

で、わたしは、応援したいって思ったのです。

しなやんを、茜さんを、知らない人はわたしの身近にももちろんたくさんいます。

 

そういう人たちに、

こんなに素敵にSNSでの発信を楽しみ続けている生産者さんと

わたしやわたしの周りにいる消費者さんとの

壁を壊すお手伝い、わたしもしたい!!!

応援って、そういうことだ!!!と!!!

実は、自分が発信することの意味にピンと来ていなくて、発信で応援は出来ていなかった

わたし、実は「しなやかフェス2019春実行チーム」というチームに入れてもらっています。

クラウドファンディングのリターンにも、出来る範囲でカンボジア胡椒を提供させてもらいました。

自分に出来ることはなんだろう、と、考えているふりをして

分かりやすいリターン支援以外、

投稿に少しコメントをするくらいで。

自分のTwitterなどでの投稿でも、

どうやってツイートしていいのか、そもそもわたしのツイートが届く人なんてたかが知れているので、

わたしがツイートして意味あるのかな。とか言い訳を考えて、あまり投稿に参加していませんでした。

 

 

しなやかフェスの発信をわたしがするメリット、というものがあまりピンときていなかったんです。

 

ほかの人が私よりも届く素敵な言葉をつづってたくさんの投稿をしてくれているし

 

わたしはまだ一回しかフェスに参加したことがないし

 

わたしのフォロワーさんは、しなやかフェスに既に行くつもりの人が多いだろうし。

 

なんて。

 

友達との会話の中で気づいたこと

たまたまこの3日間、

高校時代や、公務員時代からの友人と会っていて、

 

自分が思っているより、わたしの投稿を見てくれているんだなーって。

 

思わせてもらいました。

 

ためムーンの話しをしていると、

「あ!それ、こうなったんだよね、ブログで読んだから知ってるヾ(≧▽≦)ノ」と言ってくれたり、

「ラジオ聞いたよ!FBで気づいたときにはリアルタイムじゃなかったから、ラジコでね!」とか。

 

SNSで繋がった人たちとは、反応の仕方が違うだけで。

 

届いていたんだーーーー。って。

 

そんな時に、

おみそしるラジオで熱いしなやかフェス情報を聞いていたら、

届けなきゃーー!!!!って自然と思えました。

わたしに出来る、しなやんや茜さんという生産者とわたしたち消費者を繋ぐ糸口

わたしに出来る応援をしたいって。

しなやんを、茜さんを、知らない人はわたしの身近にももちろんたくさんいるから。

 

こんなに素敵にSNSでの発信を楽しみ続けている生産者さんと

わたしやわたしの周りにいる消費者さんとの

壁を壊すお手伝い、わたしもしたい!!!

応援って、そういうことだ!!!と!!!

 

だからね、

高知って遠いようで、広島市内からなら、バスで行けるよ!

わたし、ひとりで行くからさみしいんだよ!

一緒に行こう!!!

最高にかっこいい農家さんが待ってくれているよ!!!

そしておいしいおいしい野菜たちも待ってくれてるよー!!!(肉や魚もきっとあるよ!)

 

言いたいことは以上!!!

 

初めて行くアナタは、金銭的支援できなくていい!!無料で行こう!!!

でもね、しなやんや、茜さんの想いだけは知っていてほしいから、

クラウドファンディングのページを読んでほしい。(サムネイルの出し方がわからない、、、)

https://readyfor.jp/projects/shinayakafes2019

しなやんと、茜さんの想いを知って、

気になったり、

最高じゃん!

って思ったりしたら、

トマトやきゅうりのリターンの支援もできます!!!

 

想いを知って、野菜を食べるとよりおいしいんだよ。

ぜひ!!!

 

 

つまり、最後に言いたいことは、

うるせェ!!!いこう!!!

うるせェ!!!いこう!!!

 

でした!

この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

Copyright© かぞく家 , 2019 All Rights Reserved.