【ためムーン】海外にいても日本にいるたくさんの知り合いの顔が浮かんでくる、そんなつながりに感謝

2019/06/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

こんにちは。あいこ(@aicoinoue)です。

現在、ボラカイ島(フィリピン)からこの旅最後の都市高雄(台湾)へと移動する飛行機の中です。

3週間、4か国10都市に及ぶ今回の旅も残すところあと1か国。

ちょっと寂しい気持ちになりながら、いまの気持ちを綴ります。

出発前、BASEでの応援が本当に力になった

わたしたちのハネムーンを楽しんで応援してほしい!という気持ちから売り出したBASEでのお土産

わたしたち夫婦が、やりたい!と思うことに忠実に生きたいと感じ、

今回、ハネムーンという名の創業の旅(その名も『ためムーン』)にでました。

その際、わたしたちの旅をわたしたち以外のひとたちにも楽しんで応援してもらう旅にするには、

どんな風にすればいいかなって考えていました。

 

こんなに多くの時間を割くこの旅、

わたしたちだけで楽しむのはもったいないよねって!

 

そこで、BASEのオンラインショップで、旅のお土産を売り出すことに。

自分にどんな国のお土産がもらえるだろうって、ワクワクしながら発信をより楽しんでもらえるんじゃないかって思ったんです。

 

ただ、正直、どんなものが送られてくるかも分からないお土産に、

買い手がつくのか、さっぱり分からなかったですが、

とりあえず、やってみよう!と販売を開始しました。

 

すると、予想をはるかに超える人たちから、

多くの注文をいただきました。

 

ふたりのことを応援するよ!という表明をしてくれる方が本当に多くて、

有り難くて、

すっごく嬉しくて。

ふたりで、素敵な人たちに囲まれているんだなって改めて嬉しくなりました。

ある人の声を聞き、途中から『ただただ応援』という商品をつくった

そんななか、ふたりの共通の友人からこんな声が。

リアルな話、ただただ支援か「メールでありがとう」って言いますみたいなのがあったら買います!

正直、今回のBASEの販売は、

応援してほしいけど、お金だけもらうのは申し訳ない、とか、

ふたりにはまだ、そんな価値はない、とか、

勝手に自分たちで決めつけ、

お金だけの支援は考えていませんでした。

 

でも、こんな申し出をいただいたことが有難すぎて、嬉しくて、

そう感じてくれる方がひとりでもいるなら、

そのお声を無駄にするのは違うよね、と話し合い、

すぐに「ただただ応援」という商品を設けました。

 

結果的に、ただただ応援にもたくさんの注文が

この「ただただ応援」という商品。

わたしたちの心配をよそに、多くの方が購入してくださりました。

 

SNSで繋がり、そして気づけばとても身近に感じることになっていた友達、

リアルでの仲良しの友達、

どの種類の友達からも購入の申し出があり、

めちゃくちゃ驚いたし、

めちゃくちゃ嬉しくて、

そして、ますますこの旅でたくさんのことを見聞きし、

発信も楽しんでやりたい!!!と思うようになりました。

ためムーン中に思い出す顔のこと

SNSで知り合った方でも、やりとりを多くする中でその人の人となりや好きそうなものなんかもなんとなくわかる。

リアルの友達もももちろん。

 

すると、今まで、日常生活の中では知り合う機会のなかった人たちとSNSでのやりとりをする中で、

いろんなことが身近に感じていっているなっていうことに旅の間に気づきました。

https://twitter.com/aicoinoue/status/1098976353305522176

 

例えば、カンボジアは世界有数のお米の輸出国です。

そのため、ちょっと郊外に車を走らせると、稲作の稲穂、それも多毛作のため、いろんな段階の稲作に出会います。

そうすると、わたしは、北海道のタムタムという太陽米を育てる農家さんのお友達や、

しなやんというこれから米作りに挑戦しようとしている友達の顔が浮かびます。

 

カンボジアやフィリピンではたくさんの市場にも足を運んだので、

そこではいろんな作物や海鮮物を目にするたび、

日本にいるロンリーやナスケン、なっきの顔なんかが浮かんできます。

 

また、BASEでお土産を売り出していたので、

いつもより多くのお土産選びに没頭することが出来ました。

これはあの人が喜んでくれそう。

こなちゃんはカラフルなものも似合うな、

あきちゃんはちょっと変わったデザインを選んでみよう、、、

ついでにミラクル三姉妹にも、、、

地元の友達のあの子には、カンボジアの胡椒をあげたい、、、

などなど、

お土産の購入をしてくださった方の顔を思い浮かべながら、

お土産を選ぶ時間がすごく楽しかったです。

普段、あまりお土産を人に買うタイプではないので、より楽しく感じました!!!

あまりに没頭して選びすぎて、

夫に盗撮されるのも気づかないくらい。笑。

お届け予定の方、お楽しみに!!!

 

繋がりの中で生きているという実感が沸く旅に

そんなこんなで、わたしたちの旅は、もちろんふたりで行き、毎日、時に楽しく、時に真剣に学び、時に喧嘩し、進んでいっています。

 

そのなかで、

感じることをふたりでシェアしているときに、ふとした会話の中にも、

こなちゃんのブログで、こんなこと言ってて面白そうだね、とか、

わたしたちが日本食を欲しているときに、やずはなんて美味しそうなお寿司食べてるんだろ、、、とか、

カンボジアの友達を紹介してくれた奥田さんのことを想ったりだとか。

 

今、一緒にはいるわけではない人たちの存在を

近くに感じるときが結構な頻度でありました。

 

また、旅の途中でたまたま知り合った人たちとSNSで繋がって、

その後の旅の様子をお互いに知ることが出来たりだとか。

 

そういうのって、素敵だなって思ったんですよね。

 

大好きな人が増えれば増えるほど、

旅先で、いろんな人を感じることができる。

それが面白いし、

これまで自分が持ってなかった視点を持てた旅になった気がして、すごく興味深かったです。

 

そんなわたしたちの旅も終盤に

そんな旅もそろそろ終わり。

あとたったの3晩です。

 

楽しかったり、感動したり、嬉しくなったり、

焦ったり、困ったり、怒ったり、

いっぱい考えさせられたり、

歴史の勉強になったり、

そして、人とのつながりの有難さを感じたり。

 

ありとあらゆるいろんな感情をこの旅で味わわせてもらいました。

 

そんなわたしたち、帰ってから2つのイベントに参加することになりました。

ふたりがためムーンで感じたことを、

二人の言葉で話しますので、ぜひ聞きに来てください!!!

 

BASEでたくさんの人に応援してもらったからこそ、

わたしたちの言葉で、わたしたちの旅の報告を聞いてもらえたら嬉しいです。

ためムーンのこと、お話しさせてもらうカンボジアイベント

カンボジア仲間である

フリーアナウンサーの久保田夏菜さん、

写真家MinoruObaraさん、

そしてカンボジア留学生の父奥田順紀さんと

イベントを開催します!!!

 

その名も

「ターに、カンボジアの地雷のことを聞いてみよう!」

フライヤー左下の写真がわたしたちの旅の写真。ひろしまハウスの子どもたちと運動会を楽しむ様子を載せています。

 

カンボジアで長く地雷処理に携わっておられる高山良二さんが日本に帰国されるタイミングで、

広島にお呼びして、久保田夏菜さんとの対談をしていただきます(*^^*)

 

カンボジアでは、長く紛争が続き、国境付近の至る所に地雷がまだ埋まっています。

今回、わたしたちの旅でも、地雷注意立ち入り禁止区域をじっさいに目にしました。

その地雷をひとつひとつ手で取り除く、とても大変な作業を現地の方とともに進めておられる高山さん。

わたしも実際にお話しを聞くのは初めてですが、

気さくで想いの熱いおじいちゃんなのだろうな、と期待しています!!!

 

このイベントの時間をちょっぴりわたしたちにも割いてもらい、

ためムーンの旅でわたしたちが感じたことを、わたしたちの言葉でお話しする時間もあります。

 

まだ旅の途中にもかかわらず、

すでに話したいことがもりだくさん。

ぜひ聞きに来てください!!!

 

日時:3月21日(祝・木)15時~18時【その後、交流会もやります】

場所:西区民文化センター 会議室A

 

詳細は、FBイベントページ→https://www.facebook.com/events/968643749994891??ti=ia

ご予約は、こちら→ご予約フォーム

ふたりが現地で食べた味を再現!ちょっと変わった「ため食堂」第二弾

それから、「ため食堂」第二弾も開催決定しました!!!

前回は、ふたりが普段の食事で食べるものを、お出ししていたのですが、

今回は、ふたりが旅で食べて再現したい!と思った美味しい東南アジアの味をお出しします。

カンボジアのココナツスープ「アモック」💛ココナツと、カレーほど辛くないスパイスの味付けが絶妙です!

 

フィリピンのシシグ。豚ひき肉の炒め物。これも美味しいんだよなあ。

 

ゆっくりとした時間で開催しようと思いますので、

ふたりが旅で感じたことなんかも、のんびりお話ししながら、

のんびり夜ごはん、食べに来ませんか(*^^*)

 

もれなくふたりの旅の想い出を

聞かされることになるとは思いますが、、、笑

 

それもまた楽しいはず!!!

 

ふたりが感じたことへの意見なんかもたくさん伺いたいです。

 

ちなみに今回の「ため食堂」は、

夫の勤めるゲストハウス縁の二周年記念パーティの一部でやらせてもらいます♪

出入り自由なので、ぜひ、顔を出しに来てください!

 

日時:3月30日 19時くらいから(時間未定…)

場所:広島ゲストハウス縁

 

帰国後が、本番

いま、伝えさせてもらったイベントは、帰国後のふたりの活動の第一歩です。

本格的に、ふたりの、そしてみんなの「家」を作るために、

これからどんどん頑張るぞ!!!

という意気込みを聞きにきてくださいっ💛

さて、明日は台湾、楽しみます(*^^*)

この記事を書いている人 - WRITER -
いのうえ あいこ
美味しいもの、猫、嵐をこよなく愛する。旅好きのひきこもりです。 学生時代、東南アジアに何度か向かい、東南アジアラブに。将来は東南アジアを始めとする世界の子どもたちと一緒に暮らすシェアハウスを作りたい。 夢はみんなのおばあちゃんになり、息詰まったひとのサードプレイスとなること。

Copyright© かぞく家 , 2019 All Rights Reserved.