【ため食堂】夫婦でのイベントをやり切って感じたこと|前半戦

2019/06/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

広島市西区にある、ゲストハウス縁で働いているタメ(@tame_en)です。

12月9日に、夫婦では初となる企画イベント「ため食堂」を、ぼくの職場であるゲストハウス縁で開催いたしました。

妻の手作りメニュー表は、なかなか好評だった!

なぜこのようなイベントをやろうと思ったのか

今後夫婦でシェアハウスを運営するにあたり、ふたりで何かを企画運営する経験が必要なのでは、と考えていたからです。

妻はアルバイト含め飲食業は未経験でしたが、結婚後に料理スキルが自他共に認めるくらいめちゃめちゃ上達したこと、こども食堂へのボランティア経験などから、好きな人や大切な人に美味しいものを食べてもらうことの尊さを感じているということを何度か聞いていたので、縁を使ってこども食堂ができないか、と考えるようになりました。

こども食堂とは、、、

子どもやその親、および地域の人々に対し、無料または安価で栄養のある食事や温かな団らんを提供するための日本の社会活動。2010年代頃よりテレビなどマスメディアで多く報じられたことで動きが活発化し、孤食の解決、子どもと大人たちの繋がりや地域のコミュニティの連携の有効な手段として、日本各地で同様の運動が急増している。

ぼくの職場、そして営利を目的としないこども食堂にするとはいえ、資金がなければ運営は難しいです。

そんな中、知人の夫婦カフェイベントの情報を見て「こんな感じのこと、おれらもできるかも!」と思い、すぐ行動!ということで飲食イベントの開催を本格的に検討し始めました。

ため食堂の「ロゴ」を手書きした箸袋。

12月7日がぼくの誕生日だったので、誕生日プレゼントで場所貸しってことにしてもらえばいいんじゃないかな?と勝手に思いついたこともあり、この日の開催が決まっていきました。笑

結婚式以来のふたりでの「何かやる」こと

ふたりで作業をしていて、結婚式の準備時期のような感覚になりました。

式を挙げたことのある方はわかっていただけるかもですが、結構やること多いですよね。

しかもぼくたちは、自分たちでできるところはなるべく手作りで、という方針だったので余計に。

ムービー作ったりその他の細かい部分も結構任せっきりにしていたので、今思うと申し訳ない気持ちが^^;

妻のスキル。メニューを三角にして立てるところ、フォント、色の具合それぞれよかった!

ですが今回はぼくの職場。それに飲食未経験の妻とアルバイトはほぼ飲食だったぼく。

ふたりが今まで経験してきたことは全く違うし、持っているスキルも全く違う。

そういう意味では、お互いのいい部分を引き出し合えるのではないか、という感覚になっていました。

こういうデザインは基本的に全任せ。

応援してくれる人たちが!

どうせやるなら可能な限り食材にはこだわりたいよね、という方針の元、三重県四日市市の農画家・ナスケンさん(@maruhonasu)から小松菜を仕入れさせてもらうことに。

するとぼくたちのチャレンジを応援してくれる、ということで小松菜を提供してくださることに!

そしてこんな発信をしてくださいました。勇気でました

また同じく四日市市の百姓・しなやん(@shinayan_way)から、しなやかきゅうりを仕入れさせてもらうことも決定!

快くきゅうりを提供していただき、本当に感謝です。

どちらも食べたことがあったし、何より想いのこもった食材だということを知っていたので、この支援はとても心強かったです。

いざ当日へ!!

というところは後半のブログにします!

イベントが始まったばかり、二人ともまだあまり疲れてない笑

この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

Copyright© かぞく家 , 2018 All Rights Reserved.