やりたいことを書き出してみた|2019年

2019/06/27
 
この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

広島市西区にある、ゲストハウス縁で働いているタメ(@tame_en)です。

新しい年になったら仕切り直しというか、今年の目標を発信する人をよく見かけます。

それ自体はすごくいいことだと思っていて、日頃の行動が変わっていくので、目標はあるに越したことはないですよね。

ぼくにも、「日本にいる外国人が安心して暮らせる家」を持つという目標がありますが、それに付随してというか、他にもやりたいことがあるので、アウトプットして頭の中を整理してみることにしました。

目標は大きなところから立てた方がいいような気がしてる

現在働いている広島ゲストハウス縁で学んだことはたくさんありますが、中でも最近特に感じていることは「夢・目標はでっかいところから入る」ことの大切さです。

大借金を背負って2017年4月にオープン!笑

オーナーとは縁ができてから出会ったので、それ以前のことは知らないのですが、恐らく旅人だったときから大きなことばかり言い続けていたのではないかと推測します。

周りの人が聞いてわくわくするでっかい夢と強い想いがあったからこそ、お金がなくてもゲストハウスが出来ちゃったんだと思うんです。

そしてそれは今も変わらずで、温泉を掘るとか広島城を宿にするとか言い続けています。

あほなの?って思うことも多々ありますが笑、本人は本気だし、本当に実現できてしまうのでは?!と思えるような仲間が集まってきています。

やっぱり大きなところから入る、そして先の先まで考えられている方が、実現に向けた要素が集まってくるのだなと今は感じます。

世界を自由に行き来できるように

カンボジアが好きできっかけもそこにあるので、その国のために何か、、、ということも大切だと思うのですが、それはどうもしっくり来ない。

じゃあ今考えている「おっきいところ」って何なんだろう?とずっと考えているのですが、今は「海外へ自由に行き来ができるように」ということがそれです。

前回のブログでも少し触れたのですが、日本人がカンボジアに行くこととカンボジア人が日本に行くことは、ハードルがあまりにも違いすぎます。

余談ですが、先日兼高かおるさんの死去というニュースを見て、昔の日本人の海外旅行は貴重なものだった時代があったことを実感しました。

今のカンボジアと近い感覚にあるのかもしれません。

日本人出国者数

2017年:17,889,292名

1967年:267,538名

そこで、外国人が日本に来る際に安心して住める場所を提供できるようにと、その場所を作ります。

旅行だったらそれこそゲストハウスがいいと思うのですが、ぼくは留学生やワーホリ、技能実習生など長期で滞在する人たちのために何かしたいという想いの方が強いので、家みたいな形をイメージしています。

日本語が堪能なカンボジア人。彼に「日本は高いからなかなか行けないよね」と言われたことがそもそものきっかけ。

ちなみに、行き来しやすい世界を作ることによって、それぞれが知らなかった世界を知ることができ、将来の生きる選択肢が増える、そして自国以外を身近に感じることで、世界で起こっている諸問題が他人事ではなくなり、その気持ちの連鎖が世界平和につながっていくと想像しています。

実現したいこと、チャレンジしたいことを羅列してみる

カンボジア胡椒を販売する

かつて世界一美味しいと言われていた「カンボジア胡椒」。

1970年代以降の激しい内戦により壊滅状態となっていた胡椒文化ですが、「クラタペッパー」というブランドがカンボジアの胡椒を復活させたのです。

日本人の方がカンボジア胡椒の復活の一役を担っていたのです!

お土産にもピッタリのカンボジア胡椒。

もちろん胡椒はクラタさんのところだけではないのですが、現地で生産された胡椒を日本でもっと広めたいと考えています。

ぼくたちが販路を確保することで現地の雇用がさらに生まれたり、その利益でカンボジアから日本に来たい人たちのために使ったり、衛生面の向上のために使ったり、、、いろいろとできればと思います。

スタディーツアー

広島を中心に、カンボジアのために活動されている方々と徐々につながりを持てているので、そんな熱い人たちと一緒にスタディーツアーが組めればと考えています。

百聞は一見に如かずという言葉がある通り、話を聞くだけと実際に行くのとでは感じ方が全く違います。

内容は、場所に行くというよりは、人に会いに行き話を聞く、そしてそれを持ち帰って日々の活動に生かしたり人生を考えたり。

人と人とのつながりがあるからこそ組めるツアーを実現したいです。

プノンペン大学日本語学科の学生さんと。 現地の知り合いがいたからこそ、こういった人たちと出会えた。

少年サッカーチームによる交流

言葉が分からなくても、ボールがあれば友達になれる。

そんな感じです。笑

子どものころから海外を知っておくと、例えば大学生になったときにまた行きたい!となるかもしれませんし、行ったことない人に比べると海外に行くことに対するハードルは低くなると思うのです。

また、カンボジアにサッカークラブを持つ本田圭佑選手のチーム、ソルティーロ・アンコールFCの育成年代とのコラボレーションなどもできれば最高です!

シェアハウス内でも様々なコンテンツを用意、、、

・日本語教室

・カンボジア雑貨販売

・知り合いが作っている野菜や米、雑貨などの販売

・子ども食堂という名のみんな食堂

・たまにそこでぼくの友人が行う料理やお酒のイベント

・ラジオ出演

などやっていきたいです。

色々と出してみたので、それを実際に実現させるためにどうすればよいのか考え、実行に移していきます!

今後もよろしくお願いします!

最後まで読んでいただきありがとうございました^^

この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

Copyright© かぞく家 , 2019 All Rights Reserved.