【移住】広島市から江田島市へ引っ越しました!

 
この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

広島市にある横川に住み始めてから約1年半でしたが、次のステップへ進むために引っ越しをしました。

次の場所は「江田島市」です。

なぜ引っ越したのか、なぜ江田島市を選んだのでしょうか!!

SUPのインストラクターになりたいです。

ついに横川を出ました

横川は、単に自分の地元が近いからというだけではなく、どこへ行くにもすごく便利な場所で、飲食店も充実していて、知り合いも増えてきていたなどの理由で、とても住みやすい街だと思っています。

ですが、横川での仕事がなくなった以上、ここに住む理由がなくなっていました。

引っ越しは大変だし、好きな街に住み続けたい想いもありましたが、自分たちで事業をしたいという意志がはっきりしたので、そのために何か行動を取るべきだと考えました。

それが、過去の記事にもあるのですが物件探しにつながります。

横川の川沿いが好きでした。

いくつかの街を見ていく中で大切だと感じたのは、エリアをできるだけ細かく絞ること、そして事業開始前からその地域の方たちと関係性を築いておくことです。

以上の理由から、ある程度エリアを決めて、まずはその中で「暮らす」ことを決断しました。

あとは、生活面のことがあったので、引っ越し先で仕事ができれば一番いいなと考えていました。

なぜ江田島だったのか

初めから島がいい、などの理由があったわけではなく、自分たちの事業が受け入れられ、実現できるのであれば極端な話、どこでもいいくらいに思っていました。

そして、どうせならいろんな町を見てからにしたいと思い、坂町からはじまり東広島、廿日市など広島市の近くの市町を中心に候補地を考えてきました。

ぼくはこれまで江田島に遊びに行った記憶はなく、どんな島なのか全くイメージが湧いていませんでした。

そんな中、江田島は様々なご縁があり、行くたびに応援してくれる人と出会うことができました

江田島は外国人が増えているという状況があり、関連した様々な問題に取り組んでいる地域の人たちにも会うことができました。

そして、江田島はこれからどんどん伸びていく町、という印象も受けました。

これからいろんな事業をしようとしている人がいて、すでに行動に移している人がいて、自分もその流れに乗っていけるかなという期待感。

そういった印象を受けたので、江田島に行ってみよう!と決断をしました。

島で活動されている方はたくさんいることもあり、本当に伸びしろがたくさんあります。

引っ越してすぐ、地域のお祭りが。この後餅投げがあり、餅やらお菓子をたくさん手に入れました。笑

引っ越してから速攻でため食堂が

まずは、自分たちの周りの人たちに遊びに来てもらい、魅力を知ってもらおうと考えています。

そして、広島市内の人たちが休みの日に遊びに行く場所の候補になれればいいなと。

すると早速、引っ越し2日目になんとふたりもお客さんが。笑

日本一周中のカズマ君(徒歩!)と、ゴリさん(チャリダー)です。

知り合いがぼくたちのことを紹介してくれたのですが、さすがに部屋がぐちゃぐちゃすぎる、、、

と思ったのですが、せっかくの機会なので何とか受け入れたい、という気持ちも。

考え方を変えて、彼らに片付けを手伝ってもらおうということになり、受け入れることにしました!

段ボール片付けたり、新しい家具を組み立てたりしてもらいました。ほんとに助かりました!!

将来的にこういうことがやりたかったので、それに向けたいい経験にもなります。

せっかくなので、「みんなでいただきます」をして、ぼくらが考えていることを聞いてもらったり、彼らの旅の話や今後の話を聞いたりと、非常に有意義な時間となりました

江田島の地酒を早速チェック!海自の学校があることが有名なので、お酒の名前は「同期の桜」

お酒だけではなく、やはり海自関連の資料もたくさんありました。

島暮らしを楽しみます!

ぼくはまず、Uminosという島のホテルで働きます。

島に来る人たちと触れ合いながら、徐々に自分たちの事業実現に向けて動いていきます。

とにかく夕陽が綺麗です。右側に見えている山は、宮島です。

大浴場からのオーシャンビュー!

バーがかなりイカしてる。今後は、島といえばここへ!となれるようにしたいです。

島というと、めっちゃ遠いイメージを持たれることが多いです。

ぼくも最初そうだったので無理もないです(^^;

行きはじめてからは、橋がつながっていて広島市内から車で約一時間半、船だと宇品港から約30分と、こんなに市内から近いのに遊びに行く候補に入っていないのはとてももったいない!と思います。

もちろん遊びに行ける場所ということがすべてではないですが、自然豊かなこの町にいろんな人に来てもらいたいので、まずは自分たちが楽しんで島の魅力を存分に味わいたいと思います!!

この記事を書いている人 - WRITER -
為政伸彦
生粋の広島人。2015年に1ヶ月間カンボジアに行き、孤児院や日本語学校で活動。現地での出会いを通して、英語が話せると世界中どこでも行けるんじゃないか?と感じ、その後オーストラリア・メルボルンにワーキングホリデーとして過ごす。語学学校や日本語教師アシスタントなどで8ヶ月間過ごしたあと、2017年6月から地元・横川にオープンした「広島ゲストハウス縁」で日々奮闘中。

Copyright© かぞく家 , 2019 All Rights Reserved.